新聞の求人広告

大手新聞会社を利用する

専門誌やインターネットのサイトを利用した求人探しの需要が増加している中で、意外な方法として挙げられるのが新聞です。新聞というとニュースなどの情報を知るための媒体というイメージを抱いている人も少なくありませんが、求人募集なども行っています。取扱件数はそれほど多くありませんが、地元の企業など専門誌やインターネットなどに掲載されていない求人を見つけられるのが特徴です。一口に新聞と言っても地方紙から全国紙まで数多くの種類があります。求人の質や掲載されている量を比較した場合、地方紙に比べて全国紙の方が有利であるのは否めません。そのため、新聞で求人を探す時は、全国展開をしている大手の会社を利用することがポイントになります。

雇用条件が高めに設定されている

新聞に掲載されている求人から仕事を探す場合に注意しなくてはいけないのが雇用条件です。一昔前であれば情報の収集というと新聞が中心でしたが、時代の移り変わりの中でインターネットの需要が増加傾向にあります。特に若年層ほど新聞を定期的に購読している割合が少なく、仕事を探しもネットのサイトが中心となっているのが実情です。どんなに魅力的な条件で求人の募集を掲載しても、人の目に触れなければ意味がありません。こうした理由から、新聞で出される求人は新聞の購買層に合わせて年齢が高い人向けが多いと言われています。ある程度年齢を重ねてからの再就職や転職は比較的スムーズに見つけられますが、学生のアルバイト探しではこの点に注意が必要です。

日本の工場は現在深刻な人手不足です。それは労働者人口の減少や製造業のイメージ低下が原因と言われています。この先、工場の求人を出しても満足な人材を得られないことが多くなると考えられます。